大型ウォータージェット切断加工をはじめプラズマ・レーザーによる切断加工のプロフェッショナル

切断加工 特性比較

ウォータージェット・レーザー・プラズマ切断加工 特性比較

特性比較表

ウォータージェット切断 レーザー切断 プラズマ切断
長所・特性
  • 素材に熱影響を与えないので、変質・変色・歪み・反りが発生しない。
  • 切断材質を選ばない。
    金属であれば、ほぼすべての鋼種の切断が可能。
    特に熔断の難しい素材(銅・アルミ・チタン)や各種樹脂、セラミック、カーボン、ゴム、複合材等々にも対応
  • 熱切断で見られるスラグやバリの付着がない。
  • 切断面が帯磁しないこと、酸化しないことで追加工が容易。
  • 材料を無駄なく有効的に利用できるので、材料費の大幅な節約にも効果あり。
  • ハイパーフレッシャーWJの導入で切断速度を早め、最大板厚約200mmまで切断可能。
  • 切断速度を速めることで、納期短縮にもつながる。
  • 切断溝幅が狭く、精密切断に最適
  • 切断速度はプラズマ切断より遅いが、熱影響部の深さは浅い為、熱歪みは少ない。
  • 窒素切断の為、切断面はステンレス独特の光沢が得らる。(無酸化切断)
  • 酸化や切断熱による表面硬化や切断面の倒れは少ない。
  • ペンマーキング、窒素マーキング、ポンチマーキングの実施が可能
  • 短納期での納入が可能。
  • 切断速度が最も早く、エネルギー効率が高い。
  • ドライプラズマでは、薄板(3mm)から極厚板(150mm)まで広範囲な板厚の切断に対応可能。
  • 最大切断板幅4000mm、長さ12200mmまでの大形の切断が可能
  • 水プラズマでは、板厚3mmから30mmまでの切断が可能
  • 水プラズマは水没状態で切断するので、スラグの付着や熱歪みも少なく、高熱による焦げ色がない。
  • 短納期での納入が可能。
  • 板厚8~35mm、最大開先角度45度の開先加工が可能。
切断速度 熱切断と比較すると遅い やや速い 最も速い
非金属
切断
切断材質を選ばず何でも
切断可能
切断面の焼けや変色、 熱衝撃で割れが生じる為、適さない 導電性を持った材料以外は
切断できない
切断コスト 熱切断と比較すると高い 比較的安い レーザ切断より低コスト
最大能力  板厚0.1~約200mm
×幅3000×長7000
 板厚0.8~25mm
×幅3400×長12400
 板厚3~150mm
×幅4000×長12200
問題点 金属の切断では切断速度が
熱切断よりも遅い
厚板の切断が困難(当社の場合、最大板厚22mmまで) 切断品質では、切断面に
タオレが生じる

定尺板を所定の幅・長さに切断するのに利用されます。
豊富な在庫で板厚0.3~12.0mm、長さ6,100mmまでの長尺板の切断加工から定尺販売まで、迅速な納期対応が可能です。

精密度の比較

精密度 ウォータージェット切断 レーザー切断 プラズマ切断
切断精度 熱影響ないので、
より精度の高い加工が可能
ミリ単位の細かな加工が可能 数10ミリ単位の加工が可能
寸法公差 ±0.5mm ±0.5mm(長さ2m未満の場合) 0~3mm (厚さ40mm以下で
長さ2m未満の場合)
タオレ 0.1mm~1mm 1mm以下  2.5mm以下
(板厚40mm以下の場合

熱影響の比較

熱影響 ウォータージェット切断 レーザー切断 プラズマ切断
熱の歪み なし プラズマ切断と比べ少ない レーザー切断と比べ大きい
(ドライプラズマ)
切断面状態 熱影響が無い為、綺麗 金属光沢を示している 熱で黒く変色しているが切断面は滑らか(ドライプラズマ)
後処理 不要 僅かなバリ取りが必要 切断面下部に付着する
スラグを採る必要がある

※熱切断とは、レーザー切断加工・プラズマ切断加工によるものを指します。

神戸ステンレスでは、各種切断加工の特性を生かし、ご要望に最適な切断加工をご提案致します。

ご提案内容に関する情報はこちら

ウォータージェット切断加工に関する詳細はこちら

レーザー切断加工に関する詳細はこちら

プラズマ切断加工に関する詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 神戸ステンレス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.